福祉避難所にかかる協定を締結(法人本部)

去る3月22日、伊達市との間で「災害発生時における福祉避難所の設置運営に関する協定書」を締結しました。
在宅生活を送られている避難行動や避難所での生活に配慮を要する方への支援の在り方の一方策であると考えられます。
今回の福祉避難所の締結では、当法人から有田理事長が出席され署名締結がなされました。
菊谷伊達市長、有田理事長共に伊達市民の現状認識と災害時における福祉避難所の意味するところを述べられました。
当日は、当法人のほか、福)幸清会・福)思誠会・福)北海道社会福祉事業団等の各団体代表者も出席され、社会福祉法人の公益的な取り組みに対する姿勢を再確認いたしました。  (okabe)

写真1