ひまわり通信171号【平成31年02月】(ひまわり)

clip_image002ひ ま わ り 通 信 171号

サポートセンターひまわり
日も段々と長くなり来月のお彼岸を過ぎると昼夜が逆転して待ち遠しい春の到来となりますが、現在、最強寒波の襲来で連日厳しい寒さが続いていますので、体調管理を怠らないようにしたいと思います。
2月中盤を迎え、今年度もひと月半となりましたので今年度の事業を振り返りながら次年度の事業計画作りを進めています。
開設して20年となり、経年劣化による修繕箇所が年々増えていますので、計画的に修繕できるように事業計画に盛り込むことを考えております。
又、これまで以上にサービスの質の向上を目標に取り組む事業計画を考えていきたいと思います。(間野)
特別養護老人ホームひまわり
今シーズンは寒い日が続き、道東の方では-30℃を記録するなど厳しい日が目立ちます。
全国的に見てもインフルエンザが蔓延するなど伊達市内の小中学校などでも学級閉鎖・学年閉鎖などの情報も耳にします。
幸いなことにもひまわり施設内ではインフルエンザの流行は見られずに落ち着いています。
今後も手洗い、うがいの徹底と湿度に注意を行っていきます。
ご面会に見られます皆様方におきましても、マスク着用、手の消毒などご協力いただき、インフルエンザの蔓延を防いでいきたいと思いますので、ご協力宜しくお願い致します。(山本)
デイサービスセンターひまわり
暦の上では立春を迎えましたが、全国的に影響の大きい《最強寒波》も迎えてしまいました。
道内でも気温の低下がニュースで取り上げられていますが、外に比べて家の中は暖かいため、屋内の寒暖差に気付きにくく、室内でヒートショックを起こす事があるそうです。
また、体温調節しようと体が働き、消耗する事で起こる《寒暖差疲労》にも注意が必要です。
不要な外出は避け、体温調節できるように重ね着し、しっかり食べてしっかり休養を取り、体力が落ちないようにして下さいね。(大矢)
給食係
日によって気温の差があり、体調管理に苦労する毎日です。
先日実施した「甘酒の会」では、ちょうど寒かった日ということもあり、たくさんの「おかわり~」の声が聞かれました。
同じテーブルの方同士で顔を見合わせ「おいしいね~」と笑い合っている方や、普段口数の少ない方も「おいしい~」と満面の笑みをうかべている方もいらっしゃいました。
おかわり分もあっというまになくなり大盛況でした。
食べたり飲んだりすることは「栄養摂取のため」だけではなく、「おいしいと感じる楽しみ」の役割もとても大きいと改めて感じました!!
体を温める食材をたくさん食べ、寒さに負けない体づくりをしてください!(吉田)
ヘルパーステーションひまわり
今の時期、よく口にする「みかん」ですが、その皮「陳皮」は漢方として注目です。
ビタミン豊富で肌に良く、体を温める作用から喉の痛み、咳、痰にも効果大だそうです。
皮を良く洗って刻んで乾燥すると出来上がりです。
ハーブティにしたり、蜂蜜と一緒に熱湯で溶かして飲むなどいかがでしょうか。
インフルエンザが猛威をふるっており要注意です。
手洗い、うがいを行ってくださいね。(伊藤)
居宅介護支援事業所ひまわり
まだまだ寒い日が続いております。
インフルエンザも流行しており、体調を崩している方もいるのではないでしょうか?
体調の異変を感じたら無理をせず、受診し体を休めて下さい。
大滝に住む私の実感としては、今年は積雪が少ないと感じますが、皆様の場所ではどうでしょうか?
冬の間は除雪、外出への不安や体調の心配等、気になる事も増えます。
日頃の事で気になる事や心配事等、訪問した際にお話下さい。
お力に慣れないかもしれませんが、一緒に考えていけたらと思います。(髙橋)