ひまわり通信187号【令和02年06月】(ひまわり)

clip_image002ひ ま わ り 通 信 187号

サポートセンターひまわり
コロナウイルスの流行は人々の生活様式を大きく変えました。
とりわけ、私達にとって「マスク」は欠かせないアイテムとなりました。
あくまで私的見解ですが、男性にとって女性のマスク姿は、総じて美人の期待感を抱かせてくれますし、マスクをはずした素顔を想像する楽しみをかき立ててくれます。
このことは、バイク女子がヘルメットを、ゲレンデ女子がゴーグルをはずす瞬間までの、ワクワク感とドキドキ感、そして、期待とのギャップで生じたガッカリ感に相通ずるものではないでしょうか。(笑)(村上)
特別養護老人ホームひまわり
今年は新型コロナの影響で色々な行事が中止となりましたが、5月末に施設で行った炭火焼では利用者様の笑顔がたくさん見られました。
自粛生活が長くなりましたが、おしゃべりしたり笑ったり歌ったりして皆で元気にストレス発散し乗り越えたいと思います。(水口)
デイサービスセンターひまわり
2月末より感染予防のためデイは2F交流ホールにて営業しており利用者様にはご不便をお掛けしおります。
もうしばらく現在の体制での営業となりますので宜しくお願いいたします。
利用中は室内の換気を十分にし、食事の際には飛沫感染予防のためにテーブル間にプラスティックガードの設置をしています。
利用日は自宅での熱の測定、マスクの着用をお願いします。
まだまだ心配は尽きませんが安心して利用していただけるよう職員一同工夫を行ってまいります。(三井)
給食係
新型コロナは様々なところに大きな影響を与えていますが、食品関係も例外ではなく、様々なところから「協力してほしい」とのお声がありました。
その中でも牛乳・乳製品は消費が大幅に落ち、酪農家さんも大変なご苦労をされているそうです。
牛は毎日搾乳をしないと病気になってしまうので、搾乳はし続けないといけないそうです…。
17日にひまわりでは「牛乳を飲もうの会」を開催予定です。
大量の牛乳の寄付があるため、いちごミルクやバナナジュースなどにして提供する予定です…♪♪
おいしいものを食べ飲みし、免疫力の向上をはかり元気にすごしましょう!!!(吉田)
ヘルパーステーションひまわり
気温上昇して夏至を迎える頃には太陽パワーも一層増してきます。
食品の保管には要注意な時期になります。
購入した食材は冷蔵庫にストックしても安全ではなく、使い切るのはなかなか出来ないことですが、日本は廃棄量が多く、そのうち食べられるのに捨ててしまう「食品ロス」が今問題になっています。
海外から大量に輸入していますが一方で廃棄量も多い現状があります。
もったいないと思って上手に使い切る工夫をしていきたいと思います。(伊藤)
居宅介護支援事業所ひまわり

暖かくなり、花畑や畑で作業をする方も多く見かけるようになりました。
私も先日天気が良かった為、娘と散歩に出掛けました。
歩きながら娘と日頃の遊び場所や学校の事等の話が聞け、良い時間だったと思いましたが、数日後には筋肉痛となり、日頃の運動不足も実感しました。
コロナウイルスの関係で色々な制限がありますが、無理のない範囲で楽しい時間が持てると良いですね。
伊達市内の介護保険サービスは通常通り利用できていますので、何かありましたら担当ケアマネにご相談下さい。