施設内研修を行いました(伊達リハ)

10月13日は施設内研修を行いました。

今回の研修は「誤薬の危険性について」として、市内にあるひかり薬局より講師をお招きして講演をしていただきました。

 今回は施設の利用者様が処方されている薬を中心に、薬の効き過ぎによる中毒や、薬の飲み合わせによる副作用などがあることの説明や、国内でも死に至る事例があったことを紹介していただきました。

 施設で服薬管理をするにあたって、最も気を付けるべき薬の飲み間違いや飲み忘れ、いわゆる「誤薬」ですが、十分に気を付けていなければ起こってしまいます。施設では職員個人の注意に加えて、出来る限り事故を防ぐための方法として服薬マニュアルを作成し、これを実践しています。

毎日行うことだからこそ、利用者様の命をお預かりしている責任感を欠かさず、決められた手順を守って介護にあたりたいと思います。Abe

 Exif_JPEG_PICTURE